診療科のご案内

HOME < 診療科 index < 整形外科

整形外科


ご挨拶


整形外科全般にわたる診療を行っています。

大腿骨近位部骨折センターの特色

 当センターが目指す骨折の治療は質の高い回復力です。骨折を患っても受傷される前の生活が保たれるように、受傷早期から病院全体で回復のために全力を注いでいます。
  ① 患者さん個々の病状と背景を考えた迅速で的確な治療計画
  ② 既往歴と合併症に対して他職種と連携
  ③ リハビリへの多職種の関わり
 骨粗鬆症を背景に転倒などの簡単な外傷をきっかけに発生する大腿骨近位部骨折(股関節周囲の骨折)に対し、当院は全国有数の治療実績(実績参照)を有し、下肢骨折において全体の8割を大腿骨近位部骨折の治療に携わっています。
 股関節周囲の骨折はご高齢の方に多く生じるため、手術後のすみやかで良好な機能回復には、患者さんがもつ様々な既往症や合併症に入院早期から適切に対応し、骨折に伴う全身状態の悪化を生じさせないように出来るだけ早期に手術を実施することが不可欠です。
 そのためには救急外来、手術室、病棟との連携や診療科間、他職種間の連携を深め、病院全体で患者さんの回復に努めています。
 それらの連携をより円滑に、大腿骨近位部骨折の治療に特化するため、平成27年7月より大腿骨近位部骨折センターを設立しました。
 可能な限り入院後24時間以内に低侵襲かつ確度の高い手術を行い、速やかにリハビリを開始し、多職種が機能回復に関わることで、早期に本来の生活への自立を目指しています。

ポスターをご覧ください

骨粗鬆症外来

 骨粗鬆症は、「沈黙の疾患」ともいわれ、全国に1300万人近い患者さんがいるといわれます。その患者さんの多くは実は未治療のままです。そこで未治療の骨粗鬆症の患者さんおよび骨粗鬆症予備軍の方に対し、骨粗鬆症の予防および治療を積極的にすすめるために、骨粗鬆症学会認定医2名と看護師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士・放射線技師といった多職種のメンバーからなる骨粗鬆症マネージャー5名が中心となって、平成28年8月1日より骨粗鬆症外来を開設しました。骨粗鬆症外来では最新の「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」に準拠しつつ、「いつのまにか骨折」を防ぎ、健康寿命延伸につながるように診療を行っています。
 また、毎週月曜日11:30からは週替わりで骨粗鬆症マネージャーが地域の皆様にむけて骨粗鬆症に関連する地域公開ミニレクチャーを聖霊ホール前のスペースで行っています。ぜひご参加ください。

骨粗鬆症ミニレクチャーのお知らせ

日時
:毎週月曜日 11時30分~(15分~30分程度)
12月の予定
日にち 内容 担当
12月4日 薬について 薬剤師
12月11日 栄養について 管理栄養士
12月18日 運動について 理学療法士
12月25日 休み  

11月の予定
日にち 内容 担当
11月6日 栄養について 管理栄養士
11月13日 骨粗鬆症について 看護師
11月20日 薬について 薬剤師
11月27日 運動について 理学療法士

場所
:2階聖霊ホール
※予約不要です。ぜひご参加ください。
【本件のお問い合わせ】

聖霊病院 骨粗鬆症外来
電話 052-832-1181(代)
内線(3203)


人工関節センター

 平成16年東倉萃医師を迎えて人工関節センターを開設いたしました。東倉萃先生は名古屋大学で初めて人工股関節手術を手掛けられ以後名古屋大学、中部労災病院、聖霊病院等で人工股関節手術3000例以上、人工膝関節手術2000例以上(人工関節再置換術、RAO再手術)を執刀された日本で有数の専門医師であります。当センターでは変形性股関節症、変形性膝関節症、大腿骨頭壊死、関節リウマチによる関節障害の患者さんに最新式の機種を用いて、年間100例以上の人工関節を行なっています。
 術後成績を左右するリハビリを重視し、歩行可能になるまで3~4週間の入院期間を取り、筋力の訓練を行い一方合併症には細心の注意を払い完全クリーンルームで手術傷は小さく手術時間も1時間前後のため感染例等はほとんど発生しておりません。
また人工関節の機種は現在非常に改良されておりますので、摩耗等はほとんどなく正確なる手術手技と患者さんに適合した関節を選択すれば20年余長期の安定した成績が得られています。
 麻酔法は全身麻酔で同時に下肢の神経ブロック法を併用しておりますので、術後直後の疼痛はほとんどありません。

小児整形外科

 生後3~4ヵ月までに行われる乳児検診で股関節脱臼が見落とされると、歩き始めるまで気づかれない場合が多く、歩行開始後に股関節脱臼が発見された場合は、整復に苦労し、うまく整復されても、その後の股関節の発達が遅れ、将来、股関節痛を生じる可能性が高くなります。
 当院では股関節脱臼の見逃しが無いように、生後1ヵ月・3ヵ月に乳児検診をしています。1ヵ月検診では全例に股関節エコーで股関節の形態を調べ、脱臼の見落としの無いようにしています。1ヵ月時に股関節の発達が不十分または脱臼・亜脱臼の場合はオムツや抱き方の指導、向き癖の矯正などを指導し、2ヵ月時にもう一度股関節エコーを行います。この時点で股関節の形が正常に近づく例がほとんどですが、改善の見られない場合はその形態により、バンド(リーメンビューゲル)による治療を開始します。脱臼の発見が遅れ脱臼度が強くなりバンドでの治療では整復出来ない場合や、バンド整復により合併症として大腿骨頭の変形を起こす恐れのある場合は、入院し牽引療法により時間をかけ愛護的に脱臼を整復します。
 その他、筋性斜顎、内反足、成長期に生じる関節痛にも対応しています。心配な方はご相談ください。

医師紹介

→ 整形外科実績
医師氏名 職名 専門領域 資格・専門医
田中 哲司 副院長
第一整形外科部長
リハビリテーション科部長
小児整形外科
リハビリテーション医学
整形外科全般
日本整形外科学会 専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医
日本骨粗鬆症学会認定医
中川 明彦 第二整形外科部長 整形外科全般  
青木 良記 救急部長 多発外傷
熱傷
日本救急医学会 専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
堀江 裕美子 医長 整形外科一般
脊髄外科
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
TNTコース修了
インフェクションコントロールドクター
東倉 萃 非常勤
人工関節センター顧問
股関節
膝関節
 
大澤 郁介 非常勤 股関節
整形外科一般
 
西梅 剛 非常勤 リウマチ疾患
整形外科一般
 


外来診療表

2017年12月の外来診療表
  診察室
  初診 西梅 剛 田中 哲司
堀江 裕美子 青木 良記 大澤 郁介 交替制
  再診1 田中 哲司要予約     田中 哲司要予約 東倉 萃要予約  

再診2 骨粗鬆症外来
青木 良記要予約
青木 良記要予約 中川 明彦要予約   堀江 裕美子要予約  

再診   乳児健診
田中 哲司
       
診療日マークの後の日付は診療日です。
休診日マークの後の日付は休診日です。
要予約マークは予約が必要です。
予約優先マークは予約の患者様が優先です。
要予約マークは予約が必要です。
ご予約はTEL 052-832-1181(代)にて7番窓口をお呼び下さい。