採用情報

HOME <  採用 index < 研修医の採用 < 初期研修医

初期研修医

 初期研修医の方の病院見学を受付けております

研修の理念

 診療の基本をマスターする事を第一に、将来の専門を問わず、すぐれた臨床医(医学技術的にも倫理的にも高い医師)となるための基礎を作ることです。

研修の方法

①導入研修(2週間)
オリエンテーション、コメディカルでの研修。
②各科ローテート
必修科 内科(6か月)、救急部門(3か月)、外科(2か月)、麻酔科(1か月)、小児科(2か月)、産婦人科(2か月)、緩和医療科〈ホスピス聖霊〉(1か月)、精神科(1か月)、地域医療(1か月)
選択科 整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科
救急部門 当直、救急当番等により全期間を通して行う。
なお、1か月を専属とし、残りの2か月は当直および救急当番を充てる。

<当直業務>
当院の当直体制は、内科系・外科系当直各1名、NICU当直(小児科)1名、産科1名の4名体制です。
初期研修医には副直として主に救急外来に受診された患者様の診療を担当します。
研修医の診察の後では各科当直医にコンサルトし、当直医と一緒に処方や入院の適否を判断します。当直回数は月5回程度です。

<救急当番>
研修中、週1回程度救急当番として、救急外来を受診された患者様のfirst-touchの診療を担当します。その後、各科の医師にコンサルトします。

研修スケジュール例
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 外科 小児科 産婦人科 救急(専属) 麻酔科 内科
2年次 内科 精神科 緩和
ケア科
地域
医療
選択科
令和2年度 聖霊病院卒後研修プログラム(PDF 5.0MB)
※ 詳しくは、資料をお問い合わせフォームよりご請求ください。
※ 上記の研修方法は変更される場合があります。ご了承下さい。

研修委員会

 卒後研修委員会(委員長:今峰 浩貴)が研修計画の作成と調整、研修の評価から認定まで行います。

研修修了後の進路

  1. 後期研修医として研修実施診療科に再採用することもできます。
  2. 後期研修医実施診療科以外の科に定員の余裕があれば、専属することもできます。
    (大学医局への入局は自由です)

募集要項

(採用日:2021年4月1日)
募集職種 初期研修医
募集資格および人数 初期研修医・・・・2名
※2021年3月資格取得見込者または免許取得者
雇用期間 2021年4月1日~2023年3月31日
勤務時間 平 日・・・8:30~17:00(休憩60分)
土曜日・・・8:30~12:30(休憩90分)
・救急当番:あり
・時間外勤務および当直:あり
当直は月に2~4回程度
賞与 年2回(6月・12月)
給与実績
(2019年度)
1年次 月額390.000円  2年次 月額410,000円
・当直料+当直手当は別途支給
主要手当以外の手当 住宅手当(本人契約)、通勤手当、時間外手当
休日休暇 (原則として)
・第1・3・5土曜日、日・祝日
・法人の休日(8月15日、12月25日)
・夏季休暇3日、年末年始5日
退職金 なし
社会保険 健康、厚生、雇用、労災
福利厚生 白衣貸与、医療費還付制度、各種給付金
院内保育所(要件あり)等
ビアパーティ・クリスマスパーティの開催、会員制リゾートホテルの利用など
職員宿舎 ワンルームマンション
全室個室・冷暖房・ユニットバス・ミニキッチン完備
その他 ・医師賠償責任制度:本人加入(当院加入の保険は院外研修施設は対象外)
・外部研修活動:学会参加制度あり
病院見学 ・病院見学
4月24日(金)、5月15日(金)、5月29日(金)
6月12日(金)
※上記の日程で都合の悪い方は、個別に対応します。
選考 ・必要書類(履歴書は指定用紙はありません)
履歴書(自筆・写真付き)、卒業見込証明書、成績証明書
健康診断書(学校発行の診断書課)
※選考日の希望をお書きください。
・選考方法
①書類選考(選考通過者に面接の通知をします)
②面接、適正検査
応募書類締切日 (必着) 1回目:2020年7月3日(月)
2回目:2020年7月27日(月)
3回目:2020年8月10日(月)
※遅れる場合は、ご一報ください。
選考予定日 1回目:2020年7月21日(火)
2回目:2020年8月4日(火)
3回目:2020年8月18日(火)
※採否についてはマッチングにより決定。
お問合せ先 人事課人事係 :岩崎・山本

研修風景

救急医療症例検討会
救急医療症例検討会
内科カンファレンスの様子
内科カンファレンスの様子
採血研修
採血研修
災害訓練
災害訓練

先輩の言葉

初期研修医OB 井ノ山 滋 医師 (初期研修2014 - 2015)
 聖霊病院は都市部にある中規模の民間病院で、研修医一人ひとりのペースが尊重され、過度にハード過ぎることなくのびのびと研修をやっているというのが実感でした。
 当直では多くのありふれた疾患に混じった見逃せない患者さんに注意しながら緊張感をもって臨んでいました。上級医の先生方の指導に加え、コメディカルの方々の温かい心づかいもいろいろな場所で感じられ、とても心強い存在でした。
 また、キリスト教精神に基づく当院には院内に教会があり、神父さん・シスターさん・ボランティアさんの姿もよく見かけました。こんな温か味のある雰囲気もここでの研修を決めた理由の一つでした。
 このような環境のなかで自分のペースを大切にしながら研修したい方は、ぜひ一度見学されてはいかがでしょう。

初期研修医OB 山河 雅彦 医師 (初期研修2013‐2015)
 聖霊病院は、名古屋市内で便利な場所にあり、病院の直ぐ近くに寮があることも魅力でした。
 大きな病院では専門性の高い病気を扱うことが多いのに対して、聖霊病院は中規模病院であり、一般的な病気を多く経験できることも自分には合っていると考えました。
 研修中は各科の先生や看護師さんも親身になって教えてくれました。研修医が少ないので、その分多くの時間をさいて下さっていると感じたりもしました。
 ややこじんまりした科もありますが、周産期からホスピスまで揃っていて、かつ自分のペースで研修が受けられるのが、当院のいい所だと思います。

初期研修医OB 諸井 博明 医師 (初期研修2006-2007)
 『聖霊病院での臨床研修について』
 私が、臨床研修先を選ぶに当たって重視したのは、病院の規模が大きすぎず、尚かつ症例がある程度確保できる人口の都市に在って、地域に根差した医療を提供している病院という事でした。聖霊病院は、名古屋有数の文教地区にあり、初期研修で接するコモンディジーズに万遍なく触れられるだけの症例数もあります。研修医の数が少ない分、各科の先生方を独り占めにしてご指導頂けますし、症例の取り合いになる事もありません。
 また、将来周産期医療に携わりたいと思っている私にとっては、立派なNICUを備え、新生児医療の拠点病院である事も魅力でした。
 落ちついた雰囲気で、じっくり患者さんと向き合える環境を求めている方は、是非見に来て下さい。
▲ ページトップへ