看護部

HOME < 看護部 index < 教育プログラム

充実した教育プログラム

◆新人看護師研修

 当院では、不安でいっぱいな新人看護師をバックアップする研修が充実。仕事を覚えるだけでなく、基礎を身につけて自信をもって看護できるようなバックアップ体制を現場でもとっています。


●不安でいっぱいな4月

 入職式が終わると、「新規採用者研修」が始まります。新人看護師は4日間の研修の中で、当院の概要等を含む基本的な内容、社会人としての基本や医療人としてのメイキャップ講座を行っています。その後、看護部の研修が1週間ほど入り(医療安全、感染予防、技術演習等)現場へ配属されます。


●プリセプターが心強い味方

 入職3年目くらいの先輩看護師がプリセプターとして精神的なフォローを行っています。
 何かと不安が多い新人時代!公私ともにこころ強い味方になってくれるはずです。



●研修も1年間通して充実!

 1年間で身につけて欲しい知識・技術を1~2ヶ月毎に研修プランを立案。講師は看護師だけでなく、言語聴覚士・歯科衛生士・臨床心理士・臨床工学士等、研修内容スペシャリストが担当しています。
【平成29年度 新人看護師研修内容】
内容
4月 新規採用者研修
6月 ・記録
・看護診断
7月  ★ 1回目     
・食事介助
・口腔ケア
2回目
・コミュニケーション
・フォーレ挿入
・ME機器
8月  ★ ・排尿ケア、褥瘡
・救急看護
10月  ★ ・緩和ケア
・心電図
12月  ★ ・医療安全
・成長のまとめ
・輸血
2月  ★ ・カトリック精神について
・看護を振り返る
★はフォローアップ



◆勤務時間内に設定されたラダー別研修 ~日本看護協会版看護師クリニカルラダー~

 ラダーがアップするごとに研修名がクリスタル→~→ダイアモンドと変わっていきます。クリスタル(ラダーⅠ)は、見る角度や光の当て方により輝き方が無限大であるという意味を込め、ダイヤモンド(ラダーⅤ)は、院内の中でも最も輝いてほしいという願いを込めています。
 ラダーⅡ以降は、日本看護協会版看護師クリニカルラダーに追加し、救急車同乗研修や院内留学など当院独自の研修を企画し、総合的な看護ができるジェネラリストの育成にも力を入れています。特にラダー別研修のすべてが、勤務時間として自己研鑽する時間を確保しています。

◆知識・技術をより深めるスキルアップ研修

 看護の専門性を追求していくために自分自身が自由に選択できるスキルアップ研修を行っています。平成29年度は①エンドオブライフケア(2日間)3コース、リンパマッサージ③看護診断を行います。また、BLSは院内インストラクターチームが努め6回開催し、ICLSに関しては日本救急医学会認定コースとして開催しています。経験を積みICLSインストラクター資格を取得することもできます。

◆よりスペシャリストを目指して

 当院では退職せずに認定看護師の教育課程を受講できる制度があり、3分野の認定看護師がこの制度を利用し資格を取得しました。現在、専門看護師は慢性疾患看護、認定看護師としては感染管理、皮膚排泄ケア、緩和ケア、認知症看護の計5名のスペシャリストが活躍しています。
 また、骨粗鬆症マネージャー(日本骨粗鬆症学会)おypびアドバンス助産師の認証制度(日本助産師評価機構)を取得したスタッフも活躍しています。