部門案内

HOME > 部門案内 > 薬剤部 

薬剤部

ご挨拶

 私たち薬剤師は、薬の適正使用を推進し、患者さんに安全に安心してお薬をお使いいただくため、お役に立ちたいと考えています。薬剤師の業務は、調剤・製剤業務、薬務業務、病棟業務、医薬品情報業務で構成され医薬品の購入・供給・薬品管理、医薬情報の収集・提供、一般製剤・特殊製剤、入院・外来患者の調剤、TPN・化学療法注射剤の混合調製等において重要な役割を担っています。病棟業務では、ほぼ全ての病棟に担当薬剤師を配置し、90%以上の入院患者さんへ薬剤管理指導として関与しています。薬剤師は持参薬の確認、ベットサイドでの服薬説明、病態・検査値と薬の投与量・投与法の確認、注射剤の混合などを行い、安全に適切に薬が使用されるようチェックしています。最近では各々の薬剤師が専門性を持ち、栄養管理チーム、感染対策チーム、緩和ケアチーム、がん化学療法チームの一員として力を発揮しています。
 患者さんの安全を守る自負心を持ち、患者さんや他のスタッフに「薬剤師がそばにいてよかった」と思われるよう、持続的な教育と研究を通じ、臨床薬剤師として発展させていきたいと思います。